みんなの症例報告

みんなの症例報告

みんなの症例報告への投稿

「みんなの症例報告(ショートver)」投稿フォーム

1-1.自由記述




※ 図を用いる場合は、必ず本文に図の掲載位置を番号で明示して下さい。

1-2.共通した3つのQ&A

2-1.この報告を臨床応用してみたいと考えている人へのアドバイス

2-2.その他

 

「みんなの症例報告(ショートver)」について

「みんなの症例報告」は、自身の臨床で上手くいったケースを気軽に報告する場です。

正しさの証明や専門家同士が争う場ではなく、当会員同士が、気軽に臨床経験を共有する事を目的として設けられています。

症例報告は、見た・聞いた症例の逸話や仲間同⼠で語られる症例の逸話、患者が語るものから学ぶ手法です。

  • 未知の病態の共有
  • なぜか良くなったケースの共有
  • 診断的治療のヒント
  • パターンリーズニングの構築

医学論文や医学雑誌では、シングルケースレポートは、取り扱われにくくなっていますが、未知の領域を探っていこう・学んでいこうという場合には、いつの時代でも必須の学習方法です。

なお、UPDRAFTオンラインでは、会員のみが投稿でき、会員のみがコメントできるようになっています。
非会員でも報告を見る事はできますが、コメントの閲覧および、投稿ができません。
あくまでも、会員同士の情報交換の場と理解してください。

 

症例報告のポイント

1.報告内容(最低限のルール)

1-1.自由記述

画像と、1000文字程度のテキストで、自由形式の報告です。
画像を用いる場合は、画像ファイルを添付し、本文の掲載箇所に、【画像1.(タイトル)】【画像2.(タイトル)】と記述して下さい。画像は、最大で4つ(ファイルサイズは1つあたり最大で1MB)まで掲載できます。

1-2.共通した3つのQ&A

以下の共通した3つの質問がありますので可能な範囲でお答え下さい。

  • どのような患者に、どのような治療をしたらどうなった?
  • 今回のケースで重要な学びと思っている事は何?
  • 今回の報告で用いた判断は、他のどういった層の患者にも同様に適応できると思っている?

 

2.任意で追加

2-1.この報告を臨床応用してみたいと考えている人へのアドバイス

〇〇という症状の患者のうち、特にA動作では痛いけど、B動作では痛くないという反応を示す患者で、〇〇テストに陽性を示すと、効果を出せる可能性は高いと思います。

効果が出るか否かの判断としては、A動作の再現痛が半減していれば、治療に反応していると判断できると思います。

2-2.その他

上記以外で、記載したい事があれば、自由記入。

 

自由記述の際のアドバイス

  • 経過
  • 評価内容
  • 治療(介入)内容
  • 介入前後の画像(写真やイラスト)

上記項目を意識的に書くと、不必要な情報が多くなって、分かりにくくなる事を避ける事ができます。

 

後々、パターンリーズニングに役立つ情報

● 病期(経過)と具体的な症状について
  • 症状の部位・現象
  • 症状の特徴
  • 現在までの経過(取り組みも含めて)

→ ただの痛みとしてとらえるのではなく、細分化した症状の実際の経過

● 患者層について
  • 性別・年齢
  • 既往歴、個人史
  • 職業・趣味・ライフスタイル

→ 今回の推論と似た患者層

● 治療について
  • 用いた治療方法
  • 介入前後の状態・変化点

→ どう介入して、どう変化したのかに関する情報

 

「臨床お悩み相談室」との違い

臨床お悩み相談室は、臨床で上手くいっていないケースのヒントを仰ぐ場です。

症例報告は、自身が臨床で得た知見を他者と共有するもので、目的が明確に異なります。

投稿者の記載項目の違いについて、簡易的に説明しているので、合わせてご確認下さい。

 

記載項目の違い

  • 相談したい事(100文字以内)※はじめに
  • 現状(100文字以内)と目標(あるべき姿とのギャップ)
  • 介入当初から現状までの経過に関する情報評価
  • 介入前の患者の状況・問診内容(確認できている範囲で記載可能なもの、今回の質問に関係がありそうなもの)

 

これまで取り組んだ事(あるべき姿を目指して取り組んでみた事)

これまで取り組んだ事において、上手くいった事・上手くいっていない事

「相談したい事」について具体的な質問があれば箇条書きで分かりやすく記述(2重疑問は避けて下さい。)

 

目的の違い「相談に対して、閲覧者が回答」

相談に対する回答を投稿する人は、以下の優先順位を意識して、コメント欄から回答してもらいます。投稿者がヒントやアドバイスをもらう事が主目的です。

  • 相談者の質問に対する答え
  • 相談者が聞いている事以外のアドバイス
  • 記述内容に関する確認の質問

 

お悩み相談の流れ

  1. フォーマットに沿った相談投稿
  2. コメントフォームから質問
  3. 投稿者は、質問に返答(2、3の繰り返し)

 

「みんなの症例報告」と「臨床お悩み相談室」を明確に分けてご利用下さい。

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)