Case Report ショートver. 209view

後斜角筋へのトリガーポイント療法により、左側頸肩腕の痛みと呼吸困難感が改善した症例

報告者:たなはら

POINT

後斜角筋への徒手療法により、片側の肩上部から上腕や頸部に痛みが出現している疼痛と主観的な呼吸困難感が改善

タグ
症例情報 関節可動域制限 呼吸困難感 上肢の痛み 頚部痛
後斜角筋のトリガーポイント療法により改善 左頸肩腕部の痛みをと呼吸困難感を訴える40代女性 患者は、右手で、左側頸部〜左鎖骨部を抑えて、この辺りが特に痛いと説明。 機能的制限としては、左上肢を挙上する...

こちらのコンテンツは、会員限定のコンテンツとなっています。

「後斜角筋へのトリガーポイント療法により、左側頸肩腕の痛みと呼吸困難感が改善した症例」に対する3つのQ&A


Q1.どのような患者に、どのような介入を行い、どうなりましたか?

頸肩腕部の痛みを主訴とする患者に対する後斜角筋への徒手療法により、疼痛が改善した。


Q2.今回のケースで重要な学びは何ですか?

トリガーポイント療法によって、症状が改善した症例。

頸肩腕部の痛みに呼吸困難感や、背臥位をとると痛みが増悪するなどの症状を伴う場合、後斜角筋に症状と関連する圧痛が存在するかを確認する必要がある。


Q3.ここで行なった判断は、他のどういったケースにも採用・応用できると思いますか?

圧痛点を刺激すると、症状を呈している部位に関連痛を引き起こす場合で、なおかつ、その圧痛点への刺激が、治療の過程で慣れてくるような反応をみせる患者の場合は、トリガーポイント療法のような圧痛点への指圧刺激を用いた徒手療法を実施する事ができる。


こちらのコンテンツは、会員限定公開となっています。

会員限定コンテンツ

会員登録すると、動画や、記事本文、他ユーザーから投稿されたコメントなどをご覧いただく事ができます。


投稿者情報
たなはら
たなはら
めでぃまーる.netで、「リハビリのお仕事」をテーマにブログのような形で記事を執筆しています。若手療法士向けに書かせて頂いています。良かったら読んでみて下さい。

コメント

質問する場合は、一問一答のような形を想定しています。一つのコメントに多くの質問を詰め込まず、閲覧者が回答しやすいようにお願いします。
質問への回答は、当会員全員の権利です。投稿者以外の方が見解を投稿する事もできます。
投稿者の【質問への回答】は、投稿から1週間程度は対応をお願いしておりますが、義務ではありません。

コメントを残す

日頃の経験をアウトプットしませんか?

みんなの症例報告

会員になると、みんなの症例報告に投稿する事ができます。

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

UPDRAFT Books もっと見る