シングルケース研究法 新しい実験計画とその応用

岩本隆茂、川俣甲子夫

ジャンル: 研究法

● シングルケース研究法 新しい実験計画とその応用のUPDRAFT会員による評価

0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5 評価:0.00
読み込み中...

口コミ投稿

書籍紹介

多標本の無作為化比較試験とシングルケース研究法を比較しながら、シングルケース研究法の基本的な考え方を解説しています。

多標本実験計画をある程度理解できている人に、特に理解しやすい内容となっています。

逆に、研究手法についての予備知識がない状態では、難しく感じます。

シングルケース研究法では、どのように条件を統制し、どうすれば研究の質を高める事ができるのかを学ぶ事ができる良書となっています。

シングルケース研究法 新しい実験計画とその応用の口コミ投稿

コメントを残す

関連書籍

考える技術

激動社会の中の自己効力

メイトランド脊椎マニピュレーション

筋:機能とテスト

マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて

アナトミートレイン

解決のための面接技法

メイトランド四肢関節マニピュレーション

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

「シングルケース研究法 新しい実験計画とその応用」と関連のあるコンテンツ

記事タイトル
特集「臨床の学びを最大化-シングルケース研究法-
» 【付録】シングルケースによる個々の患者に対する痛み治療の報告
特集「臨床の学びを最大化-シングルケース研究法-
» 3.シングルケース研究法を臨床に役立てるための取り組み
特集「臨床の学びを最大化-シングルケース研究法-
» 2.シングルケース研究法(実験計画)の基礎 -その特徴と用語解説-
特集「治療手技総論
» 1.用いた治療手技そのものを評価するということ
みんなの症例報告
みんなの症例報告への投稿はまだありません。