\ 会員登録すると、全記事を閲覧できます /

記事一覧
1.周りよりも臨床ができる”だけ”では難しい
4.セラピーを大切にしてもらう働きかけ「遅刻の対処」
3.「治療への取り組み方や心構え」について、徒手療法を用いる若手療法士へのアドバイス
2.疼痛誘発検査で痛みを再現できた時の次にとるべき行動
1.徒手療法によって症状が良くなるメカニズムについて。 若手療法士へのアドバイス
7.検査閾値と治療閾値と、理学療法士による実用性に基づくアプローチ
6.感度の概念を理学療法士による腰痛治療場面に応用
5.感度・特異度の考え方
4.問題解決と意思決定
3.エビデンスの重要性やその使用場面を考えてみる。

 

 営業日: 月曜〜金曜

 休業日: 土・日・祝日

営業時間:10時〜18時

UPDRAFTオンライン
登録会員数

67

オンライン動画

13

特集シリーズ
記事数
15
90
みんなの症例報告

2

リハビリYouTube

4

Twitterアーカイブ

22

オンライン相談室

2

UPDRAFT Books

14

\ 全記事を閲覧できます /