PR

起始 腸骨上縁、腸骨内側面
停止 大腰筋前内側面、大腿骨小転子
支配神経
(髄節)
大腿神経(L2~L4)
解剖学的特徴 腸骨筋と大腰筋は小転子に停止する手前で互いに筋線維が交差し合うことから、腸腰筋として扱われる事が多い。
作用・機能 股関節の屈曲
筋力低下
機能異常
関連痛
臨床知識 股関節屈曲拘縮、慢性腰痛、脊柱管狭窄症、変形性股関節症、化膿性腸腰筋炎、腸恥包炎などと関連のある筋肉。
合わせて動画もどうぞ!

UPDRAFTオンラインは、R2/4/15〜運用が開始されました!
記事と動画を中心に構成されています。

※ キャンペーン期間中(4月限定)、全ての記事を無料公開中です。
※ 今、無料登録すると、広告非表示・動画閲覧が可能となります。

登録フォーム

 

 

広告表示について

この広告は、会員登録すると、非表示となります。

会員の方で、この広告が表示されている場合は、ログインを完了して下さい。

\ お試し登録でも広告非表示 /

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

おすすめの記事