マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて

Mark A Jones、Darren A Rivett(藤縄 理、亀尾 徹)

ジャンル: 徒手療法 臨床推論 運動療法

● マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべてのUPDRAFT会員による評価

1 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 51 票, 平均: 5.00 / 5 評価:5.00
読み込み中...

口コミ投稿

書籍紹介

現在の臨床において、セラピストには根拠のある治療・訓練を行うことが求められています。

そのため、患者に対してセラピストが系統的な知識と確実な研究の結果から得られた仮説や手順を導入し、評価することが必須となっています。

本書は、マニュアルセラピーにおけるクリニカルリーズニングの最新理論と、世界的に著名なセラピストによる23編のケーススタディにより構成されています。

読者が臨床で必要な技術と知識を融合することができ、推論と意志決定の必要性を理解し、臨床に生かすことができるようになることを目指しています。

「マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて」編集部解説

クリニカルリーズニングで有名なマークA・ジョーンズの著書です。

徒手療法に関わる世界的なセラピストが1症例ずつ挙げて、そこで起きているセラピストの思考過程が記述されています。

たとえば、Dバトラー、トビーハル、ポールホッジス、ダイアン・リー、Dマギー、マックコネル、マッケンジー、ロッカーバード、シャーマン、メイトランド、べルーミング、パリス、カルテンボーン、マークA・ジョーンズなどが執筆しています。

23の症例報告(1症例あたり一つの章を用いて解説)と、クリニカルリーズニングに関する総論など、合計26章で構成(400ページ以上)されています。

第1章「クリニカルリーズニングへの導入」や、第25章「クリニカルリーズニング学習に関する教育論と原理」、第26章「徒手療法におけるクリニカルリーズニング」に、クリニカルリーズニングを学ぶための基本が丁寧に説明されています。

症例報告は、思考過程が時系列で記載され解説が加えられているので、ただ方法論を解説するだけではありません。

臨床で「何を考えどう取り組むか」を学ぶことができる良書です。

マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべての口コミ投稿

コメントを残す

関連書籍

アナトミートレイン

腰椎-マッケンジーエクササイズ

真に役立つ研究のデザインと統計処理

解決のための面接技法

メイトランド脊椎マニピュレーション

シングルケース研究法 新しい実験計画とその応用

オステオパシーアトラス

ファッシャル・リリース・テクニック

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

「マニュアルセラピーに対するクリニカルリーズニングのすべて」と関連のあるコンテンツ

記事タイトル
特集「徒手療法を学ぶ前に大切な事
» 4.セラピーを大切にしてもらう働きかけ「遅刻の対処」
特集「徒手療法を学ぶ前に大切な事
» 3.「治療への取り組み方や心構え」について、徒手療法を用いる若手療法士へのアドバイス
特集「徒手療法を学ぶ前に大切な事
» 2.疼痛誘発検査で痛みを再現できた時の次にとるべき行動
特集「徒手療法を学ぶ前に大切な事
» 1.徒手療法によって症状が良くなるメカニズムについて。 若手療法士へのアドバイス
特集「診断学とエビデンス
» 7.検査閾値と治療閾値と、理学療法士による実用性に基づくアプローチ
特集「診断学とエビデンス
» 6.感度の概念を理学療法士による腰痛治療場面に応用
特集「診断学とエビデンス
» 5.感度・特異度の考え方
特集「診断学とエビデンス
» 4.問題解決と意思決定
特集「診断学とエビデンス
» 3.エビデンスの重要性やその使用場面を考えてみる。
特集「診断学とエビデンス
» 2.椎間板ヘルニア患者のリハビリ初回で考慮すべき事
みんなの症例報告
みんなの症例報告への投稿はまだありません。