PR

起始 腸骨後面(前殿筋線と後殿筋線の間)
停止 大転子外側面
支配神経
(髄節)
上殿神経(L4~S1)
解剖学的特徴 中殿筋は前額面でみると、すべての線維が大腿骨頭の外側に位置するが、矢状面でみると大腿骨頭を覆っている。
機能面からみると軸より前方か後方かで前方線維と後方線維に分ける事ができる。
※ 作用・機能的特徴を参照
作用・機能 股関節の外転、内旋
立位の状態(大腿骨が固定されたCKCの状態)では、中殿筋・小殿筋は骨盤を外下方へ引きつけ、骨盤を水平位に保つ機能を有する。

中殿筋の前方線維は股関節の外転以外に屈曲と内旋作用を、後方線維は股関節の外転以外に伸展と外旋作用を有している。

筋力低下 中殿筋の筋力低下でトレンデレンブルグ歩行に、著しい低下でデュシェンヌ歩行となる。
また、片脚立位の際の骨盤の水平位の保持に中殿筋の筋力が重要で、体重による下肢挙上側(遊脚側)の骨盤の沈下を中殿筋が働くことで制動している。
機能異常
関連痛
臨床知識 変形性股関節症、大腿骨頸部骨折、大腿骨転子部骨折、中殿筋麻痺、先天性股関節脱臼、大腿切断、デュシェンヌ型筋ジストロフィー症などと関連のある筋肉。
合わせて動画もどうぞ!

UPDRAFTオンラインは、R2/4/15〜運用が開始されました!
記事と動画を中心に構成されています。

※ キャンペーン期間中(4月限定)、全ての記事を無料公開中です。
※ 今、無料登録すると、広告非表示・動画閲覧が可能となります。

登録フォーム

 

 

広告表示について

この広告は、会員登録すると、非表示となります。

会員の方で、この広告が表示されている場合は、ログインを完了して下さい。

\ お試し登録でも広告非表示 /

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

おすすめの記事