PR

起始 仙骨前面、腸骨大坐骨切痕
停止 大腿骨転子窩
支配神経
(髄節)
仙骨神経叢(S1~S2)
解剖学的特徴 深層外旋六筋を構成する。

梨状筋が大坐骨孔を通過するところでは、梨状筋上孔と梨状筋下孔が形成される。
梨状筋上孔を上殿神経と上殿動脈・静脈が通過し、梨状筋下孔は坐骨神経、下殿神経、下殿動脈・静脈が通過する。

梨状筋と中殿筋は癒合していることもまれではない。

作用・機能 股関節の外旋

梨状筋をはじめとする回旋筋群の主な働きは股関節の外旋である。それに加え、梨状筋には股関節の外転作用がある。深層外旋六筋は肩関節でいう腱板と同じように、腸骨大腿靭帯などと協力して骨頭を支持し、骨頭の安定化に関与していると考えられている。

筋力低下
機能異常
関連痛
臨床知識 梨状筋症候群、変形性股関節症、大腿骨頸部骨折などと関連のある筋肉。

梨状筋下孔を通過する坐骨神経は梨状筋部において絞扼を受けやすい。この解剖学的関係により生じる坐骨神経障害は梨状筋症候群と呼ばれるものである。主な鑑別疾患として腰部椎間板ヘルニアがある。

合わせて動画もどうぞ!

UPDRAFTオンラインは、R2/4/15〜運用が開始されました!
記事と動画を中心に構成されています。

※ キャンペーン期間中(4月限定)、全ての記事を無料公開中です。
※ 今、無料登録すると、広告非表示・動画閲覧が可能となります。

登録フォーム

 

 

広告表示について

この広告は、会員登録すると、非表示となります。

会員の方で、この広告が表示されている場合は、ログインを完了して下さい。

\ お試し登録でも広告非表示 /

UPDRAFT オンライン

UPDRAFT オンラインPlan

A.1ヶ月お試しプラン
¥1,000(税別)

B.スタンダードプラン
¥1,980/月(税別)

 

おすすめの記事